Hatena::Grouptadokun

六畳和室で英語の本

2007-06-07 (Thu)51,110語

[][][]多聴多読マガジンVol.2

世の中ではVol.4が発売された頃ですが、今頃Vol.2を読んでいます。

特集は、「ジャンル別聞きやすさ大研究」「英語で日記を書く」です。

Graded Readers やLeveled Readers、児童書やペーパーバックなどの朗読の早さ・難しさなどが表にしてあり、自分にあったレベルを選びやすくなっています。

ニュース・映画・ドラマなどの傾向などにも触れています。


掲載されている作品(朗読CDつき)は、

  • Pizza Day
  • Toillets Through Time
  • The Woman in the Black Coat (from The Room in the Tower and Other Ghost Stories)
  • The Happy Prince 一部

ちなみに、版権切れで自由に読める "The Happy Prince (幸福の王子)" の全文は、こちら

有志によって翻訳された文はこちら


シャドーイング素材は、


[][][][]Pizza Day

多聴多読マガジンVol.2に掲載されていた、オーストラリアの子供のための読み物で、Macmillan Springboard シリーズ9レベルの本です。

小さな男の子と女の子がエプロンとコック帽をかぶり、ピザを手作りするお話です。

最後にはレシピもついて、本当に自宅でもピザが焼けるようになっていました。

子供の頃、こういう子供向けのレシピ本が好きだったなぁ……と思い出しました!


"We left it for 30 minutes. The dough got bigger."

こんな簡単な英文のレシピなら、何だか作れそうな気がしますよね。

"left" は、「去る」という意味だと思っていたけれど、「そのまま置いておく」という意味もそういやあったなぁ……と思い出しました。

あと、「ドーナツ」の「ドー」は、「生地」という意味だったんだ~と、今更ながら知りましたよ。

ちなみに、発祥の地オランダのドーナツは昔、中央にナッツ(胡桃)がのっていたのだそうな。だから、「ドー・ナッツ」……なるほど。


そういや、細かく刻まれた状態で袋に入っているハムのイメージ映像に、少々驚きました。

もしかして、オーストラリアでは、ああいう状態でお店に売ってるのかしら?


総語数227語。累計65冊目、約5万770語。


[][][][]Toilets Through Time

多聴多読マガジンVol.2に掲載されていた、イギリスの Longman Info Trail シリーズの1冊です。

現在のトイレができるまでの歴史が、詳しいイラストと共に綴られています。

水洗トイレができるまでは、病気が大流行して非常に大変だったようです。

窓から汚物を外に捨てるって、ちょっと信じられないな。


昔の日本の排泄物は、全部肥料でしたよね。

お金持ちの家から取れる肥料(?)は、特に栄養がよくて、よく作物が育ったので、農家がお金を払ってでも引き取ったそうです。

全てがうまく回っていたので、昔の江戸は人口が多かったのに、汚物が町中にあふれることもなく、とても綺麗な街だったのだそうです。

ところが開国し、海外からの技術が入り、水路を引いて汚物を直接「流す」簡易水洗ができてから、コレラなどの伝染病が大流行するようになり、川も汚れていったのだそうな。

(それまで、日本でコレラが大流行する事はなかったのだ)

昔の日本って、世界最大最先端のエコロジー都市だったんだなぁ……。

進化したような、退化したような。


総語数346語。累計66冊目、約5万1110語。

語数のわりに、難易度高かった……。

上品な本ではまずお目にかかれないけれど、実生活では使いそうなトイレにまつわる単語がズラ~リ。

水洗トイレは "frashing toilet" って言うんですね。知らなかった。

昔の公共トイレに入るには、1ペンス払う必要があったので、トイレに行く事を "to spend a penny" と言う事があるそうです。

ノンフィクション、なかなか面白いですね。

ゲスト



トラックバック - http://tadokun.g.hatena.ne.jp/rie-6we/20070607