Hatena::Grouptadokun

六畳和室で英語の本

2007-06-11 (Mon)55,480語

[][][]多聴多読マガジンVol.3

多聴多読マガジン 2007年 04月号 [雑誌]

多聴多読マガジン 2007年 04月号 [雑誌]

多聴多読マガジンの3冊目。

特集は「レベル・ゼロから始める多読のすすめ」「言いまくりスピーキング入門」です。

子供向きの本から学べる事の大切さが特集されています。

単語帳の丸暗記よりも、実際に何かを感じながらじゃないと、学び取る事は難しいという事なのでしょう。


掲載されている作品(朗読CDつき)は、

  • What's the Time?
  • The Broken Roof
  • Inspector Logan
  • The Housewife Spy (from Stories of Conrage)

シャドーイング素材は、上記に加え、

2007-06-07 (Thu)51,110語

[][][]多聴多読マガジンVol.2

世の中ではVol.4が発売された頃ですが、今頃Vol.2を読んでいます。

特集は、「ジャンル別聞きやすさ大研究」「英語で日記を書く」です。

Graded Readers やLeveled Readers、児童書やペーパーバックなどの朗読の早さ・難しさなどが表にしてあり、自分にあったレベルを選びやすくなっています。

ニュース・映画・ドラマなどの傾向などにも触れています。


掲載されている作品(朗読CDつき)は、

  • Pizza Day
  • Toillets Through Time
  • The Woman in the Black Coat (from The Room in the Tower and Other Ghost Stories)
  • The Happy Prince 一部

ちなみに、版権切れで自由に読める "The Happy Prince (幸福の王子)" の全文は、こちら

有志によって翻訳された文はこちら


シャドーイング素材は、

2007-06-01 (Fri)

[][][]エルマーのぼうけん

久々に日本語の児童書を買ってしまいました。

「エルマー=ぼくのとうさん」なんですよね。小学生の頃に読んだはずですが、すっかり忘れていました。

ライオンのリボンとか、虎のガムとかはよく覚えていましたけれどね!


ちなみに、今回この本を買ったのは理由があります。

洋書版を読んだものの、半分くらいしか意味が分からなかったり、理解したつもりの意味が正反対だったりしたから。

本当に英語能力ないよなぁ。いくらなんでも、正反対はなかろうよ。

My Father's Dragon

My Father's Dragon

日本語版では冒頭の方だけ「ぼくのとうさん」で、すぐに「エルマー」と呼び変えているのですが、英語の方ではずっと "my father" で通しているんですよね。

それだけなのですが、わりと雰囲気が変わるものだなぁ……と思いました。

近いうちに、英語と日本語を交互に読んでみようと思います。

今回はあまりにも内容を把握していなかったので、語数はカウントしないでおこう。


英語と日本語訳を交互に読む事を、英語多読用語で「シマウマ読み」と言うらしいです。

ちなみに、自分の英語レベルよりもずっと高い洋書に手を出すのは「キリン読み」、低いレベルの洋書で息抜き&基礎固めをするのを「パンダ読み」というらしいです。

何故か、動物にこだわっているらしい……。

2007-05-24 (Thu)43,970語

[][][][]イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ

イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ

イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ

イギリスの小学校の副教材である Oxford Reading Tree シリーズを、レベル順に1冊ずつ紹介した、朗読CDつきの本です。

  • Stage1 Six in a Bed(19語)
  • Stage1+ Headache(20語)
  • Stage2 A New Dog(52語)
  • Stage3 A Cat in the Tree(79語)
  • Stage4 The Secret Room(195語)
  • Stage5 The Magic Key(273語)
  • Stage6 The Laughing Princess(470語)
  • Stage7 The Motorway(883語)

難しい単語はほとんどない絵本形式なのですが、1作ごとに「ああ、なるほど!」という発見があって、びっくりです。

意図的に1作の中で同じ単語が繰り返し使われていて、数語ずつ覚えていく感じがします。


ORTは基本的にセット販売なので、いきなり手を出しにくいんですよね。

この間紹介した100万語多読入門【CD付き】もそうですが、こういう本で自分のレベルを確かめてからチャレンジするといいかも~、と思いました。


Stage4 のあたりから会話文が多くなり、特有の言い回しが出てきます。

Stage5 から、このシリーズの特徴である「マジックキー」が登場し、色々な世界に冒険するみたいです。

Stage6 からは、グンと総語数が増えて、物語としても読み応えがでてきます。


総語数は、全部まとめて1991語。累計52~60冊目、約4万3970語。

2007-05-22 (Tue)41,980語

[][]100万語多読入門

100万語多読入門【CD付き】

100万語多読入門【CD付き】

英語多読の入門書です。

英語多読完全ブックガイドはリストに特化しているのですが、この本は実際にGR(Graded Readers...厳しい語彙制限の設けられた本)等の内容を掲載しています。


イギリスの小学校の副読本である Oxford Reading Tree から "The Rope Swing"。

同じくイギリスの副読本 Longman Literacy Land から "Losing Lucy"。

GRのPenguin Readers から "The Blue Cat Club"。

Oxford Bookworms から "Sally's Phone"。

Cambridge English Readers から "The Big Picture" の一部が。

Macmillan Readers からは、オー・ヘンリ短編集 "The Last Leaf and Other Stories" の1篇 "The Jeweller's Wife" が掲載されています。


少し高めの本なのですが、これらの本を全部買うよりは安いですし、朗読CDもついているので、わりとお得な感じ!

英語多読の弱点は、序盤のコストパフォーマンスの悪さですからね~。

レベルが低いうちのGRオススメ度一覧表のついた簡易版の読書記録手帳も付属しているので、英語多読の序盤はかなり参考になると思います。

地方ですと、洋書を扱っている本屋はなかなか少ないですし、図書館の蔵書も少なめ。通販するにしても、まずこの本で自分の好みを知ってから買っていくと、結果的に安上がりだと思います!