Hatena::Grouptadokun

六畳和室で英語の本

2007-06-11 (Mon)55,480語

[][][][]What's the Time?

多聴多読マガジンVol.3に掲載されていた、オーストラリアの小学校の副読本 Fast Forward の1作品で、時間について解説されています。

「1分は60秒、1時間が60分で……」とか、「365日で太陽の周りを一周する」とか、そういう事が書いてあります。

全体的に簡単な英語なのですが、その中の1文で止まってしまいました。


"It takes the Moon 29.5 days to go all the way around Earth."


そんなに難しい英語じゃありません。「月は29.5日で地球の周りを1周する」という感じの内容です。

でもでも!


「29.5……って、英語で何て読むんだろう?」


いくらなんでも「twenty-nine」や「five」はわかりますが、中間の「.」が出てこない……。

正解は、「point」でした。ポイント。つまり、"twenty-nine point five" です。

日本語と同じく、「点」っていう意味ですよね。言われてみれば納得です。

ちなみに、「小数」は、"Decimal(デシムル)"、「小数点」は "Decimal point" と呼ぶそうです。


私の疑問はここで終わりません。

小数が分かったら、次はもちろん分数ですよ!

気になる。気になりますよね?!(そうでもない?)

「29と2分の1だったら、何と読むのか?」

正解は "twenty-nine and a half" だそうです。多分。

これが、「29と5分の2」だったら、"twenty-nine and two fifths" になるそうな。

分数にはちょっと複雑なルールがあるみたいです。


まず、英語独特の「ハーフ」「クォーター」は、有名だと思う。


1/2 = a (one) half

1/4 = a (one) quarter


帯分数の整数と分数の間は "and" で繋ぐ。これも簡単。

そして分数は、

「分子→分母の順で読む」

「分母は序数(最後にthをつけるアレ)」

「分子が2以上の場合、分母が複数形になる」

……というルールがあるみたいです。


1/3 = a (one) third

2/3 = two thirds

3/5 = three fifths

2 3/4 = two and three quarters


さらにもう1つルールがあって、複雑な分数の場合、つまり分子が分母より大きいとか、3桁を越える分数とかの場合、

「分母と分子の間に "over" もしくは "by" を使う」

「序数を使わない」

……だそうです。

7/5 = seven over (by) five

119/222 = one hundred nineteen over (by) two hundred twenty-two


ちなみに、「分数」は "fraction(フラクション)" と呼ぶそうです。「分母」は "denominator(ディナムネイタ)"、「分子」は "numerator(ニュームレイタ)"。

使わない限り、頭からポロリと抜け落ちると思うけれど。

そのうち、他の算数用語の事も調べてみよう。


英語の児童書を読む度に、こんな事を調べているので、全然“多読”になってません。


総語数283語。累計69冊目、約5万5480語。

2007-06-10 (Sun)55,200語

[][][][]Sally's Phone

100万語多読入門に掲載されていたOxford Bookworm starters シリーズの1冊。

Sally's Phone: Narrative (Oxford Bookworms Starters)

Sally's Phone: Narrative (Oxford Bookworms Starters)

携帯電話を間違って交換してしまった事から始まった、新しい恋の物語というか何というか。

どうもラブロマンスは苦手です。

いくら彼氏の性格にイラっときたからって、彼氏との約束を破って、初めて会った男の妹の誕生日パーティにホイホイついていくかなぁ。

まぁ、Graded Readers に機微を求める方が間違ってる気もしますけど。


電話でのやりとりが多いので、会話に関してはかなり勉強になりました。

電話の応答に、"Hallo Sally, it's Andrew." という感じで、自分に "I'm" ではなく "it's" を使うのが、ちょっと意外でした。


あと、時間の表現もあまりなじみがなかったです。

"at half past(after) six o'clock" で、「6時半に」の意味。

"at a puarter to(of) six o'clock" で、「6時15分前(5時45分)に」の意味。

5時45分を "five forty-five (o'clock)" と読むのは知ってたけれど、~分前という表現は知らなかったな。


総語数1574語。累計68冊目、約5万5200語。

2007-05-22 (Tue)41,980語

[][][]The Rope Swing

Oxford Reading Tree: Stage 3: Storybooks: the Rope Swing

Oxford Reading Tree: Stage 3: Storybooks: the Rope Swing

100万語多読入門に掲載された、Oxford Reading Tree の中の1作品です。

1ページに大きめの文字で1行ずつ書かれています。

難しい単語はほとんどないのですが、"stream=小川" っていうのは知らなかった……。

どうしても、JALの機内放送「ジェットストリ~ム」という声が頭に響き、勝手に飛行機関連の単語だと思っていました。(ぉぃ)

イラストの細かい所が面白くて、子供と一緒に「これ何?」「またこの人いた!」とお話しながら読む本かもしれません。


総語数77語。累計49冊目、約4万630語。


[][][]Losing Lucy

100万語多読入門に掲載された、Longman Literacy Land の中の1作品です。

1ページに大きめの文字で2~6行。

簡単な英文ながら、ペットの死に悲しむ家族の姿が描かれています。

こういうお話で、大切なものを失う痛み、悲しみを教えて、慈しむ心を育てていく事の大切さは、全世界共通だなぁと思いました。


総語数478語。累計50冊目、約4万1100語。

2007-05-18 (Fri)38,590語

[][][]Robin Hood

多聴多読マガジンVol.1に掲載されていた、Oxford Reading Tree シリーズ(通称ORT)。これもイギリスの小学校用教材だそうです。

キッパー少年とその家族や友達が何度も登場し、魔法の鍵で過去の世界や、おとぎ話の世界を訪れたりするようです。

子供がこの手の話を好きなのは、万国共通なんだなぁと妙に感心したりして……。

多聴多読マガジンに掲載されていたのは、「ロビンフッドの劇を見に行った翌日、魔法の鍵の力で本物のロビンフッドに会って、仲良くなってしまった」……という話。

ロビンフッドに関しては、実は弓の扱いが上手くて、森に住んでるって事くらいしか知らなかったりします。「もう少し詳しい内容が触れられていればなぁ」と思いましたが、海外ではわざわざ言うまでもないほど有名な話なんだろうな。


総語数614語。累計45冊目、約3万6880語。


[][][][]The Missing Coins

*MISSING COINS                     PGRN1 (General Adult Literature)

*MISSING COINS PGRN1 (General Adult Literature)

多聴多読マガジンVol.1に掲載されていた、ペンギン・リーダーズの1冊。

語彙300語程度の簡単な英語で、あっという間に読み終えてしまいました。

一応、巻き込まれ型の推理モノに分類されるのかな~。

キャラクター性とかドラマチックな展開とか、そういうものを求めてはいけませんけどね。

全15ページのうち半分が挿絵なので、先にパラパラめくると犯人がすぐわかってしまうので注意。

あと、ヒロインのカーラと恋人のピートの服装センスは、ちょっと酷すぎると思います!

この手の本の女の子は、本気で可愛くないのですよ……。なんでだ。


総語数1715。累計46冊目、約3万8590語。

2007-05-14 (Mon)

[][]1日5分で英語脳をつくる音読ドリル

英語の勉強の一環で、音読ドリルをはじめました。

1日1ページ(約1分)の音読を5回(計5分)繰り返し、同じ内容を意識する品詞を変えながら3日続けて読み、それを10ページ分繰り返すという、1日5分×30日トレーニングの本です。

1度目はそのまま音読、2度目は赤く指定された文字に○をつけながら読み、3度目は\を引きながら、4度目は/を引きながら、最後は塗りつぶしながら音読します。

そして、1回ごとに何%くらい理解できたかメモしてゆきます。


正直、1ページ15行以上ある英文を『1分で音読』ってムリ!

試しに日本語訳を音読してみても『1分半』かかったのです~。

英語だと1回読むだけで5分以上かかりました。

それに、英語得意な人ならともかく、内容も私にはちょっと難しかったので、1度目音読しながら読み方が判らない単語にアンダーラインを引き、一度CDを聞き、日本語訳を軽く読み、2度目以降の音読に取りかかりました。

何日も同じ文章を使うので、気になる単語もチェックだけして翌日に持ち越してます。

1ページを5回読むだけでいい、っていうのが、長く続けるのに良いのかもしれないなぁ。


全て終えた後は、CDを聞いて内容を書き取り(ディクテーション)すると良いらしいです。

が、その境地に至るまでのハードルは高そうです……。