Hatena::Grouptadokun

六畳和室で英語の本

2007-06-09 (Sat)53,630語

[][][][]The Woman in the Black Cort

*ROOM IN THE TOWER & OTHER STORY   PGRN2 (Penguin Reading Lab, Level 2)

*ROOM IN THE TOWER & OTHER STORY PGRN2 (Penguin Reading Lab, Level 2)

多聴多読マガジンVol.2に掲載されていた1本。

penguin Readers "The Room in the Tower" の中の、"The Woman in the Black Cort" という短編です。

吸血鬼カーミラで知られる、レ・ファニュの作品を簡約したものです。

簡約版だけあって、英語力のない私でもスラスラと読めるのですが、物語の展開が強引かも。

主人公のお姉さんが死んでしまうのですが、最後の方の一文でムリヤリ伏線を回収したりして。

あまりの展開に「なんで~っ?!」という感じです。

「将来、自力で原文を読めよ」という事なのかもしれませんけどね。

でも、確かにスラスラ読める感覚はとても嬉しくて、短編集なので読みやすいとも思うので、いつか手に入れてみてもいいかも。


今回頭に残ったのは、"I did't love him, no, but I did like him." という文章。

「do って疑問文と否定文でしか使わない」と思い込んでましたもの。

そういや、強調の意味で使う事もあると習ったような記憶がうすらぼんやりと。


場面は、好きでもない年上の男性と結婚する事になった女の子の心の葛藤です。

「ぶっちゃけ愛してないけど……このまま家にずっといるよりマシだし……面白い事を言う人だから別に嫌いじゃないし……」と自分に言い聞かせているんですね。

"I did like him." と "I like him." とでは、確かにイメージ違うもんなぁ。


総語数2522語。累計67冊目、約5万3630語。