Hatena::Grouptadokun

六畳和室で英語の本

2007-05-29 (Tue)46,900語

[][][][][]Marcel goes to Hollywood

*MARCEL GOES TO HOLLYWOOD(CARTOON) PGRN1 (Penguin Readers (Graded Readers))

*MARCEL GOES TO HOLLYWOOD(CARTOON) PGRN1 (Penguin Readers (Graded Readers))

penguin Readers 1 Biginner の、フランスのネズミ探偵マーセルシリーズです。

今回のマーセルは、アメリカのハリウッドでの休暇中。

これまでにこのシリーズでは色々なものが盗まれていますが、今回はなんと誘拐事件を目撃します。


この本は漫画版なので、文章はかなり少なめです。

口語はあまり得意ではないのですが、そういう意味ではとても勉強になる本です。

不安な人を慰めるのに、"It's OK. It's going to be OK." って言葉は知らないと出て来ないよなぁ。

日本語では今まで「了解~♪」くらいの意味でしか使ってませんでしたよ、「OK」は。


マーセルシリーズは、Starters の"*MARCEL & THE MONA LISA PGRN ES (Penguin Readers (Graded Readers))" "*MARCEL & WHITE STAR PGRN ES (Penguin Readers (Graded Readers))"、1 biginner の "*MARCEL & SHAKESPEARE LETTERS PGRN1 (Penguin Readers (Graded Readers))" に続き、現時点ではこの本で最後です。

シリーズものは読書の意欲向上に繋がると思うので、もう少し長いお話や短編集など、マーセルシリーズが続くといいなぁ。


総語数約930語。累計62冊目、約4万6900語。