Hatena::Grouptadokun

六畳和室で英語の本

2007-05-22 (Tue)41,980語

[][]100万語多読入門

100万語多読入門【CD付き】

100万語多読入門【CD付き】

英語多読の入門書です。

英語多読完全ブックガイドはリストに特化しているのですが、この本は実際にGR(Graded Readers...厳しい語彙制限の設けられた本)等の内容を掲載しています。


イギリスの小学校の副読本である Oxford Reading Tree から "The Rope Swing"。

同じくイギリスの副読本 Longman Literacy Land から "Losing Lucy"。

GRのPenguin Readers から "The Blue Cat Club"。

Oxford Bookworms から "Sally's Phone"。

Cambridge English Readers から "The Big Picture" の一部が。

Macmillan Readers からは、オー・ヘンリ短編集 "The Last Leaf and Other Stories" の1篇 "The Jeweller's Wife" が掲載されています。


少し高めの本なのですが、これらの本を全部買うよりは安いですし、朗読CDもついているので、わりとお得な感じ!

英語多読の弱点は、序盤のコストパフォーマンスの悪さですからね~。

レベルが低いうちのGRオススメ度一覧表のついた簡易版の読書記録手帳も付属しているので、英語多読の序盤はかなり参考になると思います。

地方ですと、洋書を扱っている本屋はなかなか少ないですし、図書館の蔵書も少なめ。通販するにしても、まずこの本で自分の好みを知ってから買っていくと、結果的に安上がりだと思います!


[][][]The Rope Swing

Oxford Reading Tree: Stage 3: Storybooks: the Rope Swing

Oxford Reading Tree: Stage 3: Storybooks: the Rope Swing

100万語多読入門に掲載された、Oxford Reading Tree の中の1作品です。

1ページに大きめの文字で1行ずつ書かれています。

難しい単語はほとんどないのですが、"stream=小川" っていうのは知らなかった……。

どうしても、JALの機内放送「ジェットストリ~ム」という声が頭に響き、勝手に飛行機関連の単語だと思っていました。(ぉぃ)

イラストの細かい所が面白くて、子供と一緒に「これ何?」「またこの人いた!」とお話しながら読む本かもしれません。


総語数77語。累計49冊目、約4万630語。


[][][]Losing Lucy

100万語多読入門に掲載された、Longman Literacy Land の中の1作品です。

1ページに大きめの文字で2~6行。

簡単な英文ながら、ペットの死に悲しむ家族の姿が描かれています。

こういうお話で、大切なものを失う痛み、悲しみを教えて、慈しむ心を育てていく事の大切さは、全世界共通だなぁと思いました。


総語数478語。累計50冊目、約4万1100語。


[][][][]The Blue Cat Club

*BLUE CAT CLUB          PGRN ES (Easystart Penguin Reader Level 2)

*BLUE CAT CLUB PGRN ES (Easystart Penguin Reader Level 2)

100万語多読入門に掲載された、Penguin Readers の中の1作品です。

1ページにちょっと小さめの文字で7行。

前の2作品に比べると、文字の大きさがかなり違うので、すごく難しい印象を受けるけれど、本当に簡単な英語で書かれています。これがGRの語彙規制の威力!

内容は――ラブストーリーなのかな、コレ?

ブルーキャットクラブのマジックショーに大喜びの彼女に嫉妬した彼氏が、マジシャンにイタズラする話です。

……正直、どうしてあんな男と付き合っているのか、私には理解できない……。


総語数880語。累計51冊目、約4万1980語。