Hatena::Grouptadokun

六畳和室で英語の本

2007-05-19 (Sat)40,560語

[][][][]Little Witch's Bad Dream

Little Witch's Bad Dream (Step into Reading)

Little Witch's Bad Dream (Step into Reading)

随分前に読んだLittle Witch Goes to School (Step-Into-Reading, Step 3)がお気に入りだったので、昨年のうちに買っておいた本です。

従姉妹をもてなすために張りきっていたリトルウィッチ。

しかし、それは魔女にとっては不愉快なことだったらしく、リトルウィッチは落ち込んで悪夢を見てしまう……という話。

リトルウィッチ、可愛いわ~。


とても簡単な英語で書かれているのですが、「魔女は悪いことをしないといけないのに、リトルウィッチは良いことばかりして、お母さん魔女やオバさん魔女たちに怒られる」という設定なので、意外とひねてる文になっています。

"grumble=不平を言う" "stupid=おバカな" "stink=臭い" "growl=がみがみ言う" など、あまり教科書には載らなさそうな単語満載です。さすが魔女!

魔法の呪文は辞書で調べても見当つかないものが結構あるので、読み飛ばし推奨ですかね~。


Step into Reading シリーズ。

総語数1074語。累計47冊目、約3万9660語。


[][][][]Little Witch's Big Night

Little Witch's Big Night (Step into Reading)

Little Witch's Big Night (Step into Reading)

同じく、リトルウィッチシリーズの1冊。

ハロウィンの夜、部屋をキレイに片づけていたらマザーウィッチに怒られて、罰としてハロウィン・ライドに連れて行ってもらえなかったリトルウィッチ。

一人寂しく留守番をしていると、仮装した子供たちが「トリック・オア・トリート!」と現れて……というお話。


相変わらず、リトルウィッチの良い子ぶりが可愛い!

「ちゃんと悪い子にしてなさい!」と叱るマザーウィッチも、「あなたのいないハロウィンは寂しかったわ」とギュッと抱きしめるような優しいお母さんで、そのギャップが楽しいんですよねぇ。

そういえば、猫の名前が "Bow-Wow" で、ペットのコウモリが "Scrubby=タワシ?" というネーミングセンスもお気に入りです。


Step into Reading シリーズ。

総語数908語。累計48冊目、約4万560語。